「モバイルWiFiを購入するつもりだけど…。

モバイルWiFiをゲットしようと思っているなら、1カ月毎の料金やキャッシュバックについても、完璧に認識した状態でチョイスしないと、将来間違いなく後悔します。

WiMAXの1カ月毎の料金を、なにしろ安くあげたいという希望を持っているのではないですか?そういった方に役立てていただく為に、一ヶ月の料金を低く抑える為の方法をお伝えします。

WiMAXは実際に料金が割安なのか?利用のメリットや運用上の重要ポイントを確認し、流行中の格安SIM等とも比較した上で、「現実的に購入すべきなのか?」についてレクチャーさせていただきます。

WiMAXのサービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと発表されています。都内23区は当たり前の事、全国の県庁所在地などでは、何の問題もなくサービスを享受することができると理解していただいていいと思います。

WiMAX2+も、モバイル通信可能エリアが着実に拡大されてきております。当然のことですが、WiMAXの通信サービスが可能なエリアなら、以前同様のモバイル通信が可能ですので、速度さえ我慢すれば、何も不自由はないと断言できます。

ワイモバイルのポケットWiFiを今回初めて利用してみたけれど、これまで所有していた概ね同様のサービスを展開している同業他社のものと比べても、通信クオリティーなどの面は全く同等レベルだというのが実感です。

モバイルルーター関連のことをリサーチしてみると、いつも目に飛び込んでくるのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。驚くことに、4万円を少し切るくらいの高額なキャッシュバックをしているところもあります。

月間のデータ使用量が無制限の「ギガ放題」とは別のプランとして、WiMAX2+には「通常プラン」というのも存在しています。このプランでは、「7GBがデータ使用量の上限」とされています。

「モバイルWiFiを購入するつもりだけど、無制限・高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどちらにすべきか決断できずにいる。」とおっしゃる方に役立てていただく為に、双方を比較していますので是非ご覧ください。

1ヶ月のデータ通信の上限がないWiMAX“ギガ放題”の各料金を、各プロバイダーで比較して、低料金順にランキング付けしました。月額料金だけで決定してしまうのはよくありません。

モバイルWiFi業界において、ワイモバイルのポケットWiFiが低価格競争を誘発しております。ワイモバイルが現れなければ、近年のモバイルWiFi業界におきましての価格競争はなかったはずです。

NTTDoCoMo又はY!モバイルの場合は、3日間で1GBをオーバーすると、しばらく速度制限がなされることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だったら、そんな制限は設定されていません。

モバイルルーターについては多彩な機種が市場に投入されていますが、そうした中にあってもお気に入りランキングで、絶えず上位に並ぶのがWiMAXです。他のルーターと比較しましても回線速度が速いし、長い時間ネットをする人におすすめでしょう。

WiMAXのギガ放題プランというのは、データ通信量が3日で3GBを超えるようなことがあると速度制限が掛かりますが、それがあってもある程度の速さは維持されますから、速度制限を怖がる必要は全くありません。

LTEに関しましては、今の3Gを「長期的に進化させたもの」という意味を持ち、このあと登場するであろう4Gへの移行をスムーズに進展させるためのものです。そういう理由から、「3.9G」として解説されることがあります。

コメントを残す